Author Archives: 管理者

Home / Articles posted by 管理者

お客様・販売店様へ、ReIsm 岩渕からの謝罪・反省・今後に関してのご挨拶

ReIsm 岩渕隆二より、お客様、販売店様へのご挨拶をお送りします。
PDFをご覧ください。
(PDF: お客様・販売店様へ、ReIsm 岩渕からの謝罪・反省・今後に関してのご挨拶 )
以下、PDF内容を転載いたします。

令和元年5月30日
お客様・販売店様各位

謝罪・反省・今後に関してのご挨拶


ReIsm 岩渕隆二

前略
この度は今季の私自身の行動によって、皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことを、深くお詫び申し上げます。
お客様へのお引き渡しの遅れやその他、本来であれば円滑に行われるはずの作業が、私のところで止まってしまい、販売店様におかれましても、もちろん一番大切にすべきお客様に対しても、多大なご迷惑をおかけしてしまいました。
重ねてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。 一部のお客様の期待、多くの皆様の信用や信頼を裏切ることになってしまったこと、深く反省しています。 原因は私自身の多忙やその他、諸々の原因はありますが、一番大きな原因は、アルコール依存症でした。
一番大きな事件は、3月24日、ゲレンデで貧血を起こし、倒れて病院へ搬送されたことです。
原因は急性肝炎からくる栄養失調による貧血。精密検査の結果、アルコール依存症と診断され、そのまま先日5月23日まで入院し、専門医の指導のもとで体はもとより、アルコール依存症の治療に専念してまいりました。
現在は退院したものの、投薬その他、専門医の指導のもと、アルコール依存症の再発を防ぐための治療を継続している次第です。 お酒を飲まなくなったことによって、体調も精神的にも回復し、現在は無理のない程度に仕事に復帰しています。
もちろんReIsmの今後のプロダクツにも思案を巡らせています。
そう言った意味で新製品のLA-Fは、まさに原点回帰のスキーだったと思います。
LA-Fはブルーモリスのスタッフが、私に原点を思い出させるために、世に送り出してくれたものだと考えています。
すべてを「あくまでもシンプルに」。 皆様にご迷惑をおかけした分を取り戻すべく、少しずつではありますが、動き始めております。
皆様の期待を裏切ることなく、信用と信頼を回復できるように努めていきたいと思います。
もちろん私1人で全てができるわけではありません。ブルーモリスのスタッフの助けを借りながら、また一からスタートを切ろうと思っています。 よりシンプルに「スキーって楽しい!」って思える製品を、より多くのスキーヤーにお届けできるように、製品の開発はもとより、流通、販売、私の手の回らないところは、ブルーモリスのスタッフに支えてもらいながら、改めてReIsmは!そして岩渕隆二は前を向いて歩いていきたいと思っています。 ご迷惑をおかけした皆様にも、また微笑んでいただけるように、歩んでいきたいと思っています。
本当にすみませんでした!そして「これから」よろしくお願いいたします。

草々

Ryuji Iwabuchi 岩渕隆二


[イベント]岩渕隆二と楽しく滑ろう in みやぎ蔵王白石スキー場

来たる1月19日、20日の二日間、みやぎ蔵王白石スキー場さまにてイベントが開催されます。
岩渕隆二とReIsmライダーが、お客様をアテンドします。お問い合わせはイベントポスター(下記)をごらんください。

[Movie] BALANCE開発者からの製品紹介

ついに現れたReIsmフラッグシップモデルの進化系「BALANCE」。
そのコンセプトと特徴を製品企画開発者岩渕隆二が説明します。

http://reismski.com/balance

製品紹介

これがReIsmの一番中心をつかさどる「REAL ALLROUNDシリーズ」の、さらに進化したバージョンです。名前をBALANCEといいます。

【名前の由来】

結局、スキーは「バランスをするスポーツ」です。そして、「栄養のバランス」とか・・いろんな「バランス」をとりながら人間は生きていきます。その「バランスをつかさどるスキー」・・・という意味で「BALANCE」と名付けました。

【今までのスキーとの違い】

BALANCEの中身はウッドコアです、そのウッドコアに(強化材を)ストッキングのようにはかせました。従来の「サンドイッチ構造」とは積層構造なんですが、その場合、ターン時に微妙に積層による「ヨレ」が発生しました。しかし、「巻く」ことによって、「ヨレ」が生じなくなりました。これによって、軽くても、硬い斜面や荒れた斜面での雪面へのとらえが飛躍的に向上しました。

【驚異的な軽さ】

このスキーの何が凄いかって・・・
BALANCEは168cmで1620gです。ということは・・・1m当たりの重さが1Kgを切ってしまったんです。ありえないでしょ?めちゃくちゃ軽いんです。
けど、今回投入した構造・製法によって、「軽いけどしっかりしている」「軽いけど踏んででいける」「軽いけど安定感がある」スキーに仕上がっています。

たぶん、今考えられるスキーの中では最強だと自負しております。

POLARBEAR 映像&インプレッション総まとめ!

ReIsm のファットスキー”POLARBEAR“。179cmによりオールラウンドに近い乗り味を楽しめる169cmが加わりライダー達はその気持ちよさと万能さに大喜び!!
ライダー達の乗ってみた感想と映像をみて製品ページをチェックしましょう。

https://reismski.com/polarbear

──「しろくま最高! しろくま最強‼︎ 今まで色んな板で新雪を滑りましたが、これはスゴイと思いました。沈んで浮くときの感覚がまるでトランポリン♪の様。ノントラックの新雪が楽しいのは当たり前。でも、しろくまちゃんは荒された新雪もバフバフと走り抜けれます。荒れた整地も重戦車のようにドドドドとなんの不安もなく降りてゆけます。きれいな整地バーンでは抜群の安定感とギュインとキレのある滑りが出来ます。なんだかもっと書きたいことがあるけと…。つまり!最強なんです‼︎」
──「とりあえず借りて持った時の衝撃「軽っ!!!」びっくりするくらい軽いです…」
━━「特筆すべき点は新たにラインナップに加わった169cmのシロクマちゃんの浮力と操作性です!フワフワのパウダーはもちろん、少し重めの雪でもしっかりと浮いてきます!また非常に軽いので、少々のツリーランでも抜群の取り回しです!179cmのシロクマちゃんのレディース版かと思いきや、男性でも決して物足りないサイズではありません!スキー場でパウダーも滑りたいなら169cmで決まり!とっても可愛い子熊ちゃんでした!」

──「シロクマちゃん、169cmの子熊ちゃん。『パウダーだけじゃないんですよ』とお伝えしたことはありましたが、この春雪がこんなに楽しくなるなんて!シロクマでコブはさすがに滑れるスキルがないと…と思ってましたが、乗ってみてびっくり、コブ苦手やのに、すべりやすいやーん!
やわらかい春雪をざぶざぶ波乗りのように滑れるのは知ってましたが、春のコブもざくざく滑れる!こっち行きたい!って思った時も、はいよ~ってついてきてくれる感じ!」
──「ザブ雪も なんちゃってツリーランも
シロクマちゃんならめちゃ楽しい♪」
──「個人的春スキーイチオシは、、、『小熊(ポーラーベア169cm)』。短いから取り回しが本当にしやすく、太いのでもちろんザク雪に埋まりません。春雪は、親熊より小熊、これ間違いないです。あの乗り心地は癖になりますよ」
──「今日はパウダーデーではありませんでしたが、そんなこたぁ関係ありません!朝一のピステンバーンを駆け下ります(゚▽゚)。白くまは整地も気持ちいいんです 。それからロープウェイで上部の木落としコースをガツガツと下ります。荒地にはもってこいの白くまちゃん(^-^)。コブも滑れるよ。どこでもいけてしまうまさに王者。明日くらいから雪☃️降るみたいだから深雪が楽しみです。」
──「降雪後にはもってこいのシロクマ。本当に自由です。パウダーもツリーランもコブも整地も
もぉ〜最高に楽しいですよ」
──「オイラが乗ったファットスキーの中で一番自由度が高い板でしたよ〜♪ツリーランも行けて、整地もかっ飛ばせる‼︎安心してキッカーも飛べる☆本当にいい板です‼︎」
──「白熊であれば、パウダーはもちろん、ピステンバーン、急斜面、荒れまくったバーン、全部滑れます。しかももの凄い安心感で。乗り方だって、乗るとこだって、何もかもいつもの板と同じ。これってすごすぎますよね。」
──「硬くて重い雪でも、乗り物(動物?クマちゃんの背?)に乗ってるような重厚感と安定感があって、面白い子でしたよ〜」
──「コブでも抜群の安定感!!」

ReIsm BOOSTER (ニューモデル)に開発者による紹介を追記

ReIsm 今シーズンあらたに送るニューモデル”BOOSTER”
製品ページに開発者による紹介を追記しました。
ぜひご覧ください。

https://www.reismski.com/booster/

[Movie] SPOOKの魅力

「あ!SPOOKってこんなスキーなんだ!!」 「これ欲しい!」

と思っていただける映像が届きました。
こんなスキーを求めている人は絶対ほしくなるスキー、それがSPOOKなのです。

https://www.reismski.com/spook

SPOOK・GHOSTどちらを選ぶ?

同時に開発され、外見が同じ「GHOST」と「SPOOK」。皆様から「この2台の違いは?」「どちらを選べばいいの?」という質問をいただきます。そこで、これまでGHOST・SPOOKにのったライダー、試乗ユーザーさんの感想を「両モデル共通の感想」「GHOSTの感想」「SPOOKの感想」にまとめました。

素晴らしい仕上がりの二台、あなたにとってどちらのモデルがお好みか、ご参考に!

GHOST,SPOOKの新構造「シンタードフェイス」の革新性を開発者が語る。

シンタードフェイス=おばけという革新。

発想をもらったのは、同じブルーモリスでアルペンボードを作っている千葉さんからでした。http://www.amicss.com

「シンタードフェイス」

かっこよく聞こえる名前ですけど、要するに、「滑走面に使用するシンタードという素材を、表面に貼ったら調子いい!」

試してみました。うん、ものすごくいい!!!

シンタードフェイスは本気ですごい。お金かけて能書き垂れなくても、振動吸収性が抜群。自由度が飛躍的に広がりました。暴れないんだもん。

まさにおばけ。

死ぬほどテストした挙句、本当に雪の上のおばけが誕生しました。

シンタードフェイスという、前からあった発想なんですけど、そこに新しい可能性をもたらしてくれた、千葉さんに感謝しつつ…

明らかにお化けのような異次元の乗り味のスキー。

お届けできるようになりました。

https://www.reismski.com/products/

https://www.reismski.com/ghost

https://www.reismski.com/spook

POLARBEARの革新性を開発者が語る

シロクマちゃん=POLAR BEAR試乗会でも大人気!

ファットスキーなのに取り回しも軽くて、普通にゲレンデ滑ってもガンガン楽しめるし、のんびりクルージングも可能。

これは理屈があるのです

ReIsmのテクノロジーの発想の転換です
シロクマちゃんの中身は、ReIsmのスキーの中でも最軽量の、KO-B Xの構造を採用しているんです。
KO-B Xは軽くてコブの中でも整地でも軽快な操作性が売り。
太いスキー=重たいとか、ロッカーに逃げてパウダーは良くても整地は怖い…そういうのが嫌だったので、根本的に全部のファットスキーという概念を見直したスキーです
だから、朝イチのピシッと整地されたフラットバーンでも、シロクマちゃんはお利口さんです。やる気になればGSのスキーみたいなロングターンもできます。


もちろんのんびりゆったり、クルージングも気持ちいい。
KO-B Xで培ったカーボンのテクノロジーと、ファットなアウトライン。その融合で、今までにはない、太くても軽快で、そしてパウダーから不整地、そして整地まで、どこでも満足のいくスキーなのです。
流氷の上をかけていくシロクマちゃん。まさにそんな感じのスキーです。

GHOST・SPOOKの限定カラー公開

ReIsm が2017-2018シーズンに送る新モデル「GHOST」、「SPOOK」の限定カラーバリエーション情報を公開します。

GHOST

GHOST: 内なる滑走エネルギーがマグマとして充満したかのような「Black & Red」

SPOOK

SPOOK: 巨大な力が覚醒しそうな「Purple & Green」

 

台数に限りがございますので気になる方は販売店様へお問い合わせをお願いします!
販売店がわからない方はサポートフォームへお問い合わせください。
https://www.reismski.com/support/