Category Archives: コラム・インプレッション

Home / Archive by category "コラム・インプレッション"

GHOST,SPOOKの新構造「シンタードフェイス」の革新性を開発者が語る。

シンタードフェイス=おばけという革新。

発想をもらったのは、同じブルーモリスでアルペンボードを作っている千葉さんからでした。http://www.amicss.com

「シンタードフェイス」

かっこよく聞こえる名前ですけど、要するに、「滑走面に使用するシンタードという素材を、表面に貼ったら調子いい!」

試してみました。うん、ものすごくいい!!!

シンタードフェイスは本気ですごい。お金かけて能書き垂れなくても、振動吸収性が抜群。自由度が飛躍的に広がりました。暴れないんだもん。

まさにおばけ。

死ぬほどテストした挙句、本当に雪の上のおばけが誕生しました。

シンタードフェイスという、前からあった発想なんですけど、そこに新しい可能性をもたらしてくれた、千葉さんに感謝しつつ…

明らかにお化けのような異次元の乗り味のスキー。

お届けできるようになりました。

http://www.reismski.com/products/

http://reismski.com/ghost

http://reismski.com/spook

POLARBEARの革新性を開発者が語る

シロクマちゃん=POLAR BEAR試乗会でも大人気!

ファットスキーなのに取り回しも軽くて、普通にゲレンデ滑ってもガンガン楽しめるし、のんびりクルージングも可能。

これは理屈があるのです

ReIsmのテクノロジーの発想の転換です
シロクマちゃんの中身は、ReIsmのスキーの中でも最軽量の、KO-B Xの構造を採用しているんです。
KO-B Xは軽くてコブの中でも整地でも軽快な操作性が売り。
太いスキー=重たいとか、ロッカーに逃げてパウダーは良くても整地は怖い…そういうのが嫌だったので、根本的に全部のファットスキーという概念を見直したスキーです
だから、朝イチのピシッと整地されたフラットバーンでも、シロクマちゃんはお利口さんです。やる気になればGSのスキーみたいなロングターンもできます。


もちろんのんびりゆったり、クルージングも気持ちいい。
KO-B Xで培ったカーボンのテクノロジーと、ファットなアウトライン。その融合で、今までにはない、太くても軽快で、そしてパウダーから不整地、そして整地まで、どこでも満足のいくスキーなのです。
流氷の上をかけていくシロクマちゃん。まさにそんな感じのスキーです。

KO-B X 開発秘話

あるものは使うのだ!

KO-B X

すごいスキーです。圧倒的に軽くて、コブだけじゃなくて整地やその他の斜面の走破性も高い。
コブ好きに限らずあらゆるスキーヤーにお勧めできる1台です。

その開発はKO-B Xの前のKO-Bに遡ります。

年に2回くらいしか行けない青森本社でのミーティング。会議室の片隅に半分埃をかぶって立てかけられたスキーがありました。

「これなんですか?」

いわゆる大人用のセットスキー。ビンディング込みで¥39,800−くらいのモノ。

「3サイズは?」

105−70−95

「ビンゴ!」

一気にイメージが膨らみました!

コブ好きの方にも整地やその他の斜面を楽しんでもらいたい!

そこから始まったKO-B開発。

3サイズは105−70−95。
これってみんなは気にしていないけど、一昔前にオールラウンドモデルと呼ばれていた黄金率が105−65−95くらい。これって最高じゃん!=ウェストが5mm広い分、サイドカットもゆるくてコブ斜面には最適。

悪雪でも走破性をキープできる。
クラックドエッジならコブ斜面で曲がる心配もない

もちろんインジェクション=安いから。だけどそこが強み=軽くできる。

「よっしゃぁー!」間違いなくいける手応えを感じつつ、そこからイメージと仕様を伝えて、早速試作へ。

KO-Bの大命題は、「曲がらない=どこまでもしなるスキー」。

これはターンではなくてスキー自体が曲がらないということ。

金属(=メタル)があるから曲がる。だからエッジをクラックド(=切れ目)のあるものにし、強化材もグラスのみ。曲がる要素を一切排除して試作をスタートしたのですが・・・

できました!KO-B。評価は上々。雑誌のスキーテストでも、某デモンストレーターのコメント

「大回りが調子いいですねぇ」

「頼むからコブ斜面での評価もくれよ!」

まさに最軽量のオールラウンドモデルの完成だったのですが・・・

実は重大な欠点がありました。
スキー自体が曲がらない。逆の見方をすればどこまでもしなるスキー。

コブ好きの方は僕から見れば時代遅れの、ターンテーブル式のビンディングを好んで使います。かかとの下にしかビスがないターンテーブル。

どこまでも曲がってしまうKO-Bは、キャップ構造のために、その性質上トップシートがスキーのしなりに耐えられなくて裂けてしまうのです。

これは製品上の欠陥ではなくて、構造上の致命的な欠点でした・・・。

〜改善から発展へ〜

さぁどうしよう???

トップシートがスキーのしなりに耐えられなくて裂けてしまう。こればっかりはどうしようもない。だけどこれはなんとかしないと。

ここからがケミストリーの始まりでした。ブルーモリスと僕のケミストリー=化学反応。

「エラス(クラックド)エッジは捨てましょう」

そう言われて僕からの提案は「強化材にカーボン入れてください」。

カーボンはグラスとも違う独特の反発特性があって、しかも軽い!

エラスをやめるということはそれを支えていた強化材のグラスを削減できる=さらに軽くなる!

なんだかまるでオーケストラの山場を聴いているかのように、KO-B Xの構想がまとまりました。

どうしてもエラスを使う以上、芯材の如何を問わず使わざるをえない「強化材」。
その足かせから解放されてさらにカーボンという武器を身にまとった「KO-B X」は・・・

そしてKO-B Xへ

カーボンビームを身にまとったKO-B X。3サイズは160cmも170cmもいっしょの

105−70−95

理由は簡単、細いスキーだと3サイズを変えることにメリットがあまりないから。しかもモールドがあったし=あるものは使う!

ちなみに(コブ系の)B-MPやワンちゃん(DOG)も3サイズは各サイズ共通、変える意味がないから。

他のSL-CやLA-F、動物たちは全部3サイズが違います。長さに対しての乗り味をコンセプトに揃えるため。

KO-Bに比べてさらに軽くなったKO-B X。カーボンの軽快な反発特性と振動吸収性が相まって、KO-Bよりもさらに乗り味も軽快に。

そして、硬いバーンや高速での安定感も増して、さらなる進化を遂げました・・・大成功!

埃をかぶっていたモールドだったけど、中身を一から再構築して別次元のモノを作り上げる。

「あるからいいや」じゃなくて、「これがいい!」だったのです。

本当にドラマティックな経緯で出来上がったKO-B X。とてつもなく軽いけど、とてつもなく快適で安心感のあるKO-B X。スキーが軽いのは何モノにも代えがたい正義だと思うのです。

LA-F 開発秘話

LA-F開発秘話

第1章:常識を覆すために

初代LA-F=LA-F CLASSICはスキーの最もベーシックかつスタンダードなウッドコアのサンドイッチ構造で作られました。

これはReIsmと言うブランドをキワモノ扱いされないためと誰が乗っても納得出来る乗り味に仕上げることが可能だったからです。

現行のLA-Fはそのウッドコア&サンドイッチ崇拝主義に対する僕の不満と疑問をぶつけました。

『なんでそこまで崇拝されるんだろう?』

■ウッドコアサンドイッチ構造のメリット

サンドイッチ構造

ウッドコアのサンドイッチは図のような構造です。
木芯=割りばしみたいなところを強化剤で挟み込む、だからサンドイッチ。

◆1 ウッドコア

割りばしくらいの木を並べる。
これによって木のねじれや狂いを減らすため。
もう一つはいい木も悪い木も、製品の個体差を無くすため。

いわゆる選手用のスキー、簡単に言うと同じ木の中でも厳選されたものが使われてます(木芯にもグレードがあるのだ!)。

◆2 グラスファイバーやメタルなどの強化材で挟み込む

これによって振動吸収やスキーの反発、色んな味付けが可能になります。

◆3 木芯の加工が簡単

選手用のスキーがウッドコアのサンドイッチなのは、木芯の不等厚を加工するのが簡単なので選手の好みに合わせてスキーの調子をコントロールできるから。

■メリットは本当か?

ということは、否定的なひねくれた見方をすれば

  • ◆1 いい木も悪い木も一緒くたにしてごまかしてるだけ
  • ◆2 木を強化材で挟み込んで両方の特性を相殺することで、どんなスキーに誰が乗っても、ウッドコアのサンドイッチという乗り味を出しているだけ
  • ◆3 選手や開発のために手を加えるのが「楽」だから

要するに「足し算」が結果的にすべての個性を消し合う「引き算」になる=没個性なスキーの出来上がり=誰が乗っても納得=慣れてるから。

こうやって書くと誤解されるので前もって釈明しておくと、ウッドコアのサンドイッチの良さは十分理解しているし、ReIsmのスキーでも機種ににょって採用している。

ただ『ウッドコアのサンドイッチ=唯一最高』ではないことを理解して欲しかった

ここから始まるLA-Fの開発。

ウッドコアのサンドイッチへのアンチテーゼ。

第2章:アンチテーゼからの開発

LA-F=LOST AND FOUND

開発のためのテーマは

LA-F=LIGHT AS F〇〇K!でもありました

クソみたいに軽い!

まず一番最初に捨てたのが、ウッドコア。それは、既成概念を覆すために。

木芯以外にもいくつか(も)あるんだけど、選んだのは”インジェクション”。
これはPU(ポリウレタン)コアとも呼ばれて、キッズ用のセットスキーなんかは全てと言っていいくらいこれ。キャップ構造のシェルにフォームを注入する作り方。

大量生産が簡単なので、一昔前は世界的に有名なブランドでも上級機種まで多く採用されていたのを意外とみんな知らない。一時期スキーがキャップばっかりになった時期があったでしょ?

この構造はあながち馬鹿にされるものではなくて、PU+キャップは軽量だけどサイドまで上面材が一体なので、軽量な割にねじれ剛性が軽くて切れて走るフィーリングが得られやすい。

比較的簡単&安価にそして大量にフィーリングを作りやすいというメリットがある

「インジェクションゆえのキャップ構造」サンドイッチにすると注入したPUが漏れちゃうから。

「サンドイッチ形状でインジェクションを可能にする」そんな技術をいち早く確立していたのがブルーモリス。

これを使えないんだろうか?

ここから始まった

LIGHT AS F〇〇K!PROJECT

new LA-F の誕生

サンドイッチと、PUコア+メタルとグラスの強化材

従来の手法を覆すアプローチで完成したLA-F

でもこれは別に突拍子もないアプローチではありません。
「スキーを作る」という長年の経験の積み重ねを、違う方向から見つめ直しただけのものです。

そこにはブルーモリスの技術力の裏付けがあります。

多分、地球上でサンドイッチのインジェクションを作れるのは、ブルーモリスだけです。

本当に大げさな話ではなく、LA-Fは私たちにとってプロジェクトXでした。

『PUコア=廉価版』

そんな常識を覆したかった。

『木芯のように当たりとかハズレのない、安定した性能をすべてのスキーヤーに届けたい。』

これが一番の目標でした

完成したLA-Fは乗ってもらったスキーヤーに驚きを与えることに成功しました。

「なんだこれ!?」

木芯の同等クラスのものに比べて明らかに軽い!

だけど高速になっても雪面をしっかり捉えてくれる。

そしてキレと走りも実感できる。

『ウッドコアのサンドイッチが最高なんだよ』そう信じ込んでいたスキーヤーに驚きを与えるとともに
新しいスキーの楽しさを提供できたと自負しています。

いわゆるデモ系スキーヤー(お友達)の一言

「こんなに簡単でいいの?」

そうですよ、スキーはただの道具なんです。道具にお伺いをたてる必要なんてない。
あなたを雪の上でより自由にさせてくれるモノでなくてはなりません。
LA-Fという名前ははReIsmの原点。

LA-F=LOST AND FOUND=LIGHET AS F〇〇K

そしてLOVE AS FAMILY!!

家族の一員のように可愛がってあげてください。

とても貴重な経験をさせてくれた一台です。
そして今でもベストな一台。

いつ乗っても本気で惚れ惚れしちゃいます。

PUコアをなめるなよ?。

そして、木芯に頼りすぎないこと。

ReIsmLA-F16MBLK.main

このお話の続きは、SL-C開発秘話に持ち越されると思います・・・

おわり

岩渕隆二(ReIsm開発者)が語るReIsm2015-16シーズンラインナップ

ReIsm 開発者岩渕隆二が今シーズンのReIsmラインナップをご紹介します。

SL−CとB-MPの開発アプローチ

今日の大変多い質問です

「LA-F CLASSIC(初代LA-F)とSL-Cって似たようなもんですよね?」

いつも大爆笑してしまうこの質問=かなり多いです

はい!見た目はまったく一緒です=アウトラインは同じ型使ってるもん

でもね名前を変えたのはダテじゃないのです
SL-C=SUPER LIGHT CLASSIC

LA-F Classic(初代LA-F)について

LA-F CLASSICはどこのメーカーさんでも作れる
スキーの原点中の原点
木芯のサンドイッチ
強化材のグラスも特別なものではないし
本当にスキーの原点回帰
「これでいいでしょ?」
そういうメッセージが込められたスキーでした

ちなみにいうと少し先を行っていたのが
今流行りのロッカー
取り回しを考えて接雪長を短く設計したので
今でいうロッカー形状を先取りする形になってます

SL-Cについて

icon-sl-c-16

SL-Cも同じ形状を踏襲しているので
微妙にロッカーなスキー

でもね
根本的に中身が違うのです=超革新的
よその国産メーカーさんから
「もっとSL-Cをたくさん作ってください」
って言われたくらい
なんでかっていうと芯材に使われているISOという部材が
非常に高価で輸入量が増えればそれだけ値段も安くなるから
他にも足元に木芯の強化材が一枚噛ませてあったり
芯材にうんと手間とお金がかかっています

じゃぁ実際何が違うのか?
ISOのメリットは木材よりも比重が軽くて
しかも木材よりも振動吸収性に優れていること
だけど全部ISOだと安定するけどフィーリングが重たくなる
だから木芯の中でも比重の軽いポプラ材とのコンポジットにして
重量の軽さを損なわずに
フィールングの軽さも両立させたスキーなのです
芯材にとにかく手間とお金がかかっています

だからLA-F CLASSICよりもSUPERに軽くて
硬い斜面や高速での安定性が向上しているのです
まさにびっくりできる自在感が手に入ります

B-MPについて

icon-b-mp-16

B-MPはそこからさらに一手間かけて
コブの中でのしなやかな操作性を追求しつつ
他の斜面での走破性を発揮するものになっています
(だから原価計算で言えばB-MPの方が高いのです)

LA-F,KO-B Xの開発アプローチ

LA-Fについて

icon-la-f-16
一方のLA-F(現行モデル)
SL-Cとは全く違うアプローチで設計されたスキーです
そもそもサンドイッチという構造は
木材の個体差による
製品のばらつきを抑えるために考案された作り方

基本的な考え方として
ある意味ネガティブな発想なのです
「だったらばらつきなくすればいいじゃん!」
芯材をばらつきのでないポリウレタンにして
メタルとグラスで挟み込む
そうすることによってメタルやグラスが本来持つ反発特性が
木芯に邪魔されることがなく発揮される
さらに軽くできる!

KO-B Xについて

icon-ko-bx-16

だからLA-Fをすごい!って思う人は
メタルとグラスの本来の性能を享受しているのです
これはKO-B Xにも反映されてます=メタルじゃなくてカーボンで

同じ目的でも
考え方とアプローチが違えば
全く別のものが出来上がってくるというお話
どれがいいとかの結論は出ません

でも
木芯のサンドイッチ構造がスキーの最高の形ではなく
はるかにそれを超える可能性はまだまだ残されているのです

アニマルシリーズの開発アプローチ

ワンちゃんネコちゃんキツネちゃん

Re Ismの動物園のお話です

ワンちゃんネコちゃんキツネちゃん

そしてウサギちゃんオオカミちゃん

アニマルシリーズには明確なコンセプトがあります

それはズバリ!「遊ぶ!」

DOGについて

icon-dog-16

ワンちゃんはコブの中をより簡単に楽しく
ロッカーキャンバーでコブの中をいい加減に滑っても
突き刺さったり引っかかったりしません
はっきり言ってコブ用のスキーに乗り慣れてる方は
最初 違和感を感じます
でも
乗り慣れるとなんて楽チン!
ドッグランでワンちゃんとボール投げして遊んでいるくらい
気軽にコブ斜面を楽しめるのです

CATについて

icon-cat-16

ネコちゃんは本当にネコちゃんなのです
斜面を選ばずどこでもふんわり滑ることができます
バックカントリーやサイドカントリーでも
パークや荒れた斜面でも
このネコちゃんは気まぐれを起こすことなく
あなたの足元に寄り添ってくれるのです

FOXについて

icon-fox-16

キツネちゃんはやっぱりキツネちゃんなのです
LA-Fの強化材をメタルから軽量なバサルト材に変えて
トップにロッカーを採用することで
脚力のない方でも軽快なスキーが楽しめます
まるで雪原を歩くキタキツネのように・・・

RABBITについて

icon-rabbit-16

ウサギちゃんはある意味ReIsmのチャレンジです
もっと安価なお子様スキーはたくさんあります
だけどそこに敢えてウサギちゃんを野に放ちます
作りに妥協することなく調節可能なビンディングまで搭載して
子供達の成長に合わせてよりスキーのフィールドを広げてほしい
ウサギが跳ねまわるように子供達にゲレンデを跳ね回ってほしいのです

WOLFについて

icon-wolf-16

オオカミちゃんは一言で言えば「すごい!」のです
車で例えるならランボルギーニのようなスキーです
下品なくらいに凶暴なんですけど
びっくりするくらい安心感のあるスキー
いつの間にかスピードが出ちゃいます
最強で最高
今までの常識を覆すスキーなのです

岩渕隆二

iwabuchi-port-350x350

CAT176cm、2014-15シーズンを終えてのフィーリングを発表!by 喜瀬圭太(Re Ismライダー)

Re Ism CAT 176cm

まずはセッティングからですが自分のスキースタイルがキッカーやパークアイテムに偏っているので本来のブーツセンターよりも1.5cm前にセットして使用しました。これはスイッチ(後向き)での滑走安定性を上げる為です。
プラスαで空中でのスイングウェイトがセンターに寄るのでジャンプなどで空中での取り回しがチョットだけ楽になります。

さて本来の板のフィーリングですがまさにネーミング通り、と言うよりもナイスネーミングですね。
シチュエーションを選ばずその日その日のいいトコ取りを快適に行えます。

パウダー、ゲレンデパウダー、パーク、キッカー、コブ、そして圧雪バーンまさに気ままな猫のようにその場その場のシチュエーションをオールラウンドに楽しめます。
ロッカー構造の部分でパウダーやコブでの入りを柔らかくしてくれて進入が本当に楽です。

センター部分にはしっかりとキャンバーがあるので圧雪バーンでも返りのある気持ち良いターンができます。

しなやかな仕上りになっているのでキッカーやパークアイテムなどのアールのある部分の滑走も安定するので安心してトリックが行えます。
どこか限定したシチュエーションに特化した板!と言う訳ではないので、スキージャンルを絞っている方には物足りなさが出る場面もあるかもしれませんが、この板こそまさにオールラウンド!!!その日の最良のシチュエーションを1本の板でっ!!!
本当に自由な板ですよ!
長くなりました(汗)最後まで読んでいただいた方々ありがとうございます。

ライダープロフィール

喜瀬圭太(キセ ケイタ)

  • 1976年生まれ。プロフリースタイルスキーヤーとしてプロデュース業の傍ら後進の育成に日夜心血を注いでいる。
  • 白馬さのさかスキー場 パーク&モーグルコース プロデューサー
  • 白馬さのさかスキー場 ウォータージャンプ マネージャー
  • (公財)長野県スキー連盟フリースタイルスキー強化コーチ
  • Webサイト http://www.h-shuraku.com/
  • ブログ http://ameblo.jp/h-shuraku-kise/

保有資格

  • (公財)全日本スキー連盟公認フリースタイルスキー(モーグル、ハーフパイプ、スロープスタイル)A級審判員
  • FIS公認フリースタイルスキー(モーグル)C級審判員
  • FIS公認フリースタイルスキー(ハーフパイプ、スロープスタイル)B級審判員
  • AFP(The Association of Freeskiing Professionals)公認Silverジャッジ

スポンサー

Re Ism、HESTRA、OAKLEY、retailer、PeakPerformance、MARKER