POLARBEARの革新性を開発者が語る

Home / POLARBEARの革新性を開発者が語る

POLARBEARの革新性を開発者が語る

シロクマちゃん=POLAR BEAR試乗会でも大人気!

ファットスキーなのに取り回しも軽くて、普通にゲレンデ滑ってもガンガン楽しめるし、のんびりクルージングも可能。

これは理屈があるのです

ReIsmのテクノロジーの発想の転換です
シロクマちゃんの中身は、ReIsmのスキーの中でも最軽量の、KO-B Xの構造を採用しているんです。
KO-B Xは軽くてコブの中でも整地でも軽快な操作性が売り。
太いスキー=重たいとか、ロッカーに逃げてパウダーは良くても整地は怖い…そういうのが嫌だったので、根本的に全部のファットスキーという概念を見直したスキーです
だから、朝イチのピシッと整地されたフラットバーンでも、シロクマちゃんはお利口さんです。やる気になればGSのスキーみたいなロングターンもできます。


もちろんのんびりゆったり、クルージングも気持ちいい。
KO-B Xで培ったカーボンのテクノロジーと、ファットなアウトライン。その融合で、今までにはない、太くても軽快で、そしてパウダーから不整地、そして整地まで、どこでも満足のいくスキーなのです。
流氷の上をかけていくシロクマちゃん。まさにそんな感じのスキーです。