[Movie] BALANCE開発者からの製品紹介

Home / [Movie] BALANCE開発者からの製品紹介

[Movie] BALANCE開発者からの製品紹介

ついに現れたReIsmフラッグシップモデルの進化系「BALANCE」。
そのコンセプトと特徴を製品企画開発者岩渕隆二が説明します。

http://reismski.com/balance

製品紹介

これがReIsmの一番中心をつかさどる「REAL ALLROUNDシリーズ」の、さらに進化したバージョンです。名前をBALANCEといいます。

【名前の由来】

結局、スキーは「バランスをするスポーツ」です。そして、「栄養のバランス」とか・・いろんな「バランス」をとりながら人間は生きていきます。その「バランスをつかさどるスキー」・・・という意味で「BALANCE」と名付けました。

【今までのスキーとの違い】

BALANCEの中身はウッドコアです、そのウッドコアに(強化材を)ストッキングのようにはかせました。従来の「サンドイッチ構造」とは積層構造なんですが、その場合、ターン時に微妙に積層による「ヨレ」が発生しました。しかし、「巻く」ことによって、「ヨレ」が生じなくなりました。これによって、軽くても、硬い斜面や荒れた斜面での雪面へのとらえが飛躍的に向上しました。

【驚異的な軽さ】

このスキーの何が凄いかって・・・
BALANCEは168cmで1620gです。ということは・・・1m当たりの重さが1Kgを切ってしまったんです。ありえないでしょ?めちゃくちゃ軽いんです。
けど、今回投入した構造・製法によって、「軽いけどしっかりしている」「軽いけど踏んででいける」「軽いけど安定感がある」スキーに仕上がっています。

たぶん、今考えられるスキーの中では最強だと自負しております。